ボーナスを貰って辞める為に知っておきたい3つの知識とは?

転職で難しいことの1つが、いつ活動を始めるかという点でしょう。

 

退職予定日

 

会社に退職を伝えるタイミングも含めて、転職ではタイミングがポイントになります。

 

転職活動開始のタイミングをはじめ注意点などをまとめます。

 

ボーナスを貰ってから辞めたい場合

 

会社によっては夏と冬の2回、ボーナスが貰えると思います。

 

仕事を辞めるにしてもボーナスを貰ってからが良い、そう考えるのはごく自然なことです。

 

たとえば夏のボーナスを貰ってから退職するなら、どのように動くのが良いのでしょうか?

 

夏のボーナスが出るのは一般的に6月もしくは7月なので、ここでは7月に貰えると過程します。

 

ボーナスの査定は支給日の半年前くらいで行われるものなので、ボーナス支給前に退職の意思を伝えてもボーナス支給日に退職していなければ受け取れます。

 

ただ、会社によっては退職することを理由にボーナスの額を減らすところもあるようで、それを考えるとボーナスを受け取るまでは退職することは伝えるべきではないでしょう。

 

しっかりボーナスを受け取ってから、会社に退職する旨を伝えるのが理想的です。

 

ちょっとずるい気もするかもしれませんが、ボーナスはこれまでの働きに対するまさにボーナスなので、気にする必要はありません。

 

しっかり貰えるものを貰ってから辞めるようにしましょう。

 

退職の意思はいつ頃会社に伝えるべき?

 

退職を決断したら、その意志を会社にも伝えることになります。

 

そのタイミングについてですが、遅くても1か月前には伝えるようにしましょう。

 

たとえば今日退職届を出して今日で辞めますと言っても上司も納得してくれません。

 

あまりに急すぎて、準備が何もできないからです。

 

1人辞めればその後は人材を募集するか、他の社員で穴埋めをするなど、なんらかの対策をしなければならず、それができないと会社全体に大きな影響が出ます。

 

引き継ぎをしっかりしてから辞めるためにも、1か月は引き継ぎに割ける時間を用意しましょう。

 

今すぐ辞めたいと感じることもあると思いますが、それでもぐっと我慢して、あと1か月は働くつもりで動くことが大切です。

 

早ければ早い方がお互いしっかり準備ができるので、2か月前でも3か月前でもかまいません。

 

1か月前を目安に、退職を決断したらできるだけ早く報告しましょう。

 

繁忙期は避ける方がいいかも

 

会社によっては特定の時期に忙しくなる、繁忙期が存在します。

 

もし今の会社に繁忙期があるなら、その時期に転職するのは避けた方が良いかもしれません。

 

仕事を辞めてしまえば会社が繁忙期かどうかも関係ない、そう考えることも可能ですが、繁忙期に自分が辞めることで会社に大きな迷惑をかけることにもなります。

 

辞めたら関係ないというのも事実ですが、これまでお世話になった会社です。

 

最後に迷惑をかけるのも気が引けるものだと思います。

 

繁忙期が抜けて落ち着いたら退職しようと考えています、そんなふうに伝えるのも良いでしょう。

 

これなら会社も納得してくれますし、自分としても気兼ねなく退職できます。

 

業種によっては社員総出で毎日たくさんの仕事をこなす、そんな繁忙期もあります。

 

わざわざ繁忙期に辞めると会社の人にも悪い印象を残してしまうことになるので、特に時期にこだわりがないなら、繁忙期は避けることも検討してみましょう。

 

転職活動を開始するタイミングはしっかり考えないといけません。

 

ボーナスを貰ってから辞めるのか、いつ辞めることを伝えるのか、今辞めて会社に迷惑はかからないか、このような点を中心に転職タイミングを検討しましょう。

転職サイト登録案内