すぐ怒鳴る上司への賢者の対応!上手に付き合う3つの方法!

上司の中にはとにかく「すぐ怒鳴る」タイプ、デスクを叩いたり、ごみ箱を蹴飛ばしたり…、いますよね?

 

怒鳴る上司

 

非常に面倒ですが、こうしたタイプの上司と上手に付き合うためにはどんな対応が有効なのでしょう。

 

尊敬しているフリをする

 

すぐ怒鳴る上司だとしても、常日頃からつねに怒っているような人はいません。

 

あなたが理解できないとしても、上司も何か理由があって怒り、怒鳴るわけです。

 

要は機嫌が悪くなるわけで、それならば普段から慕っている、尊敬していると伝え、機嫌が悪くならないよう工夫するのも1つの方法です。

 

言葉は悪いかもしれませんが、適度にゴマをすって良い気持ちでいてもらう方法となります。

 

上司も人間ですから、「自分が上司として尊敬されている」と感じれば悪い気はしません。

 

もしかしたら怒る機会も減り、怒鳴られないようになるかもしれません。

 

普段の何気ない会話などで「社会人として尊敬している」、「あなたを上司として慕っている」ということを伝えてみましょう。

 

すぐ怒鳴るタイプというのは短気なことが多いですが、同時に「単純でわかりやすいタイプ」なことも多いです。

 

案外、上手に付き合うと強力な助っ人となって社内での立ち回りに一躍買ってくれることも珍しくありません。

 

褒めることで意外なほど機嫌が良くなることも珍しくありません。

 

具体的なアドバイスとしては、叱られる時は極度にビビらないことが大切です。

 

ビビってしまうと、相手はさらに激情してしまう傾向にあります。

 

大丈夫です、殴られたりしませんから…。(殴られたら法に訴えましょう)

 

叱られながらも、「深く納得しています…」、という表情で上司の叱責を受ける態度が有効です。

 

これは実体験で得られた効果のあるマイベストの神対応です!

 

一通り上司のカミナリが落ちた後に、「申し訳ありません、いつもすいません」ではなく、「申し訳ありません、いつも叱って頂いてありがとうございます」と言ってみたり…。

 

叱られた後にデスクに戻って、自分に活を入れている姿をさりげなく上司に見せたり…。

 

両手で自分のホッペを叩いて、「よし、頑張るぞ!」と自分を鼓舞しているフリをしたり…。

 

反省する姿を見せつつ、感謝しているような素振りもみせると効果的です。

 

上司自身も叱りながら、「自分は間違っていないし、こいつも納得してくれている…」、そう感じることでしょう。

 

人間受け入れられている、認められていると感じれば、いやでも心は平安へと傾きます。

 

そうなれば、必要以上の叱責は自然と減っていくはずです。

 

嫌いな上司の場合、褒めるのも嫌なものですが…、そこは仕方ありません。

 

役者になってみましょう。

 

怒鳴られて面倒な思いをしないためにも、上手に立ち回りましょう。

 

上司の承認欲求を満たす

 

なんの理由もなく怒鳴る人は、さすがにいないはずです。

 

上司は上司なりに、何か理由があって怒鳴るわけですから、その理由を考えるのも有効ではないでしょうか?

 

たとえば上司の中には部下を怒鳴る、叱ることで自分の存在感をアピールする人がいます。

 

周りに権威を見せつけるんですね、サル山のサルみたいに…。

 

怒ることで「上司としての威厳」を保つことができると、100%勘違いしているわけです。

 

前世はたぶん、サルですね。

 

優しくしていると部下になめられてしまう…、そう考えているのかもしれません。

 

案外、小心者だったりするんです…。

 

こういうタイプの場合、上司としての威厳が保てればいいわけですから、対応の仕方は案外簡単です。

 

「上司がいないと仕事が上手く進まない」

 

「上司のおかげでスムーズに処理できた」

 

上司の承認欲求をバンバン満たしてあげましょう!

 

威厳さえ保たれていれば怒鳴る必要もなくなり、上司の対応も変わってくる可能性が出てきます。

 

単純にすぐイライラして怒鳴るタイプなら極力刺激しないようにする、これも有効です。

 

あなた個人を狙って怒鳴るのではなく、だれかれ構わず怒鳴るタイプは極力関わらないようにする、これがベストでしょう。

 

とにかく上司のタイプに合わせて、こちらの対応を変えることが求められます。

 

上司の性格を見極める必要があるため、人によっては大変かもしれませんが、上司の言動や行動をしっかりチェックすれば性格が見えてきます。

 

大抵の上司は、承認欲求を上手に満たせば、少しは大人しくなります。

 

ある意味、ゲーム感覚で上司への対応法を考えてみると良いでしょう。

 

最後の手段として転職をする

 

上司に対する対応とは言えないと思うのですが、どうしても上司と上手く付き合えない場合、転職してしまう方法も考えられます。

 

参考:転職サイトへの登録はこちら

 

今の時代、転職も珍しくありませんから…。

 

嫌な上司の下で無理して働き続ける必要はないという考え方です。

 

これなら自分も悩み続ける必要がなくなりますし、お互いにとってもっとも良い方法かもしれません。

 

まぁ、そういう上司はあなたがいなくなったら、別のターゲットを見つけて怒鳴り続けるんでしょうが…。

 

上司部下の関係が解消されれば、その上司が今後どういった生活をしていくのか、あなたの知ったことではありません。

 

もちろん、軽い気持ちで転職をするのはリスクがともないます。

 

次の職場が必ずしも今の職場よりも環境が良いとは限らないので、慎重に判断することが大前提です。

 

収入的な面や、毎日の通勤にかかる手間など、総合的に判断して転職するかを決めるようにしましょう。

 

自分にスキルや経験があれば、それを高く評価してくれる会社も見つかるでしょう。

 

また、会社によって労働環境は大きく変わり、理想的な上司の下で働けるようになることもあります。

 

前世からの因縁か…と疑いたくなるほど、かみ合わない人って上司に限らず一定数存在するのもまた事実…。

 

どうしても我慢できないという時は、転職の決断をするのも悪くないと思います。

転職サイト登録案内