最適な仕事の探し方とは?愚図で無能だと評価された時は?

職場で仕事が出来ないとか愚図などの暴言を吐かれると、自信が持てなくなってしまいます。

 

叱責されるサラリーマン

 

精神的な病んでしまい、仕事を続けていくのが困難になってしまうこともあるでしょう。

 

しかし実際に自分がダメな人間なわけではなく、適職に就いていないだけのことも大いにあり得る話なのです。

 

自分に最適な仕事の定義とは?その作り方と具体例

 

よく好きなことを仕事にすれば良いといわれますが、必ずその仕事が自分にとって最適とは限りません。

 

というのも、どんなに好きでも自分に向いていない仕事であれば、どこかで壁にぶつかってしまう可能性があります。

 

結果、あんなに好きだった仕事が、大嫌いになってしまうということにもなりかねないでしょう。

 

プロのギタリストを目指し、ギター演奏が好きで練習を惜しまなかったけれど、才能がなく努力が報われないことがあるというとわかりやすいはずです。

 

そのため、優先順位としては好きなことより得意なことを持ってくるほうが、才能を開花させられる最適な仕事に出あいやすいでしょう。

 

得意なことであれば周囲の評価も得やすく、成功体験の積み重ねではじめは大して好きではなくても、続ける中で好きになってくる可能性が高いです。

 

また、好きなことを仕事にすると、自分の生活にとって重要な趣味や娯楽の領域が失われてしまうことになります。

 

するとほかの発散方法を見つけるのが難しくなってしまうことがあり、そうなると心身の健康を維持するのが難しくなってしまう場合もあるでしょう。

 

現職が自分に適しているかどうかの判断する方法

 

仕事をはじめたばかりの頃は、上手くいかないことが多いのは当たり前です。

 

ある程度の年数、経験を積んだとしても現職に就いたばかりの頃と仕事ぶりが変わらないのであれば、適していないと考えることができます。

 

これは極端な例ですが、営業職をしていて、1年間で契約を1件も取ってこれないようなありさまでは自分に向いているとはいえないでしょう。

 

もちろん売り込む商品やサービスに魅力がないのが原因のこともあるでしょうが、需要が多いモノ・サービスを売れないということであれば問題です。

 

今の仕事が自分に合っていないと感じたらどうする?

 

十分に戦力になれるまで頑張ってみるという選択肢もありますが、その努力が結果に結びつくとは限りません。

 

それよりは、自分の得意分野は何か考えてみて、能力をしっかりと発揮できるような場所を求めていくほうが有益といえるでしょう。

 

今は新卒から定年まで勤め上げるのが良いという考えは、すでに常識ではなくなっています。

 

転職サイトや転職エージェントを利用することによって、自分に適した好条件の職場への転職を検討してみると良いでしょう。

 

転職サイトの適職診断テストを活用する

 

自分に適している仕事を探る手段のひとつとして、転職サイトの適職診断テストを受けてみるのも良いでしょう。

 

たとえば、リクナビNEXTのグッドポイント診断をあげることができます。

 

リクナビNEXTの会員登録はこちら

 

この適職診断テストの主なメリットは下記のとおりです。

 

  • 1〜2分で無料会員登録完了!すぐにはじめられる
  • 設問への回答を直感で選択していくだけで診断終了
  • テストの結果は職務経歴書に反映させることができる
  • 転職活動時の書類選考通過率アップが期待できる

 

設問数は300近くあり、平均30分程度と少し時間はかかりますが、暇があるときにやってみると良いでしょう。

 

もちろん、大手から中小まで全国の多数の掲載求人数を誇るリクナビNEXTを利用して、転職活動を進めていくのもおすすめです。

 

リクナビNEXTはプロフィール登録しておくことで、それを閲覧したアナタに興味を持った企業がオファーメールを送信してくる機能が付いています。

 

自分に向いているか向いていないかというのは、すぐには判断がつかないこともあるでしょう。

 

そんなときにはリクナビNEXTのグッドポイント診断を利用して、どういう職業が自分に合っているのかチェックしてみるのがおすすめです。

転職サイト登録案内