ハローワークの裏事情|ブラック企業を引き当てるリスクを減らす方法とは?

転職をする時、ハローワークを利用する機会も出てくるでしょう。

 

職業案内

 

賢い使い方を知っておくと、ブラック企業に引き当てるリスクを減らすことも可能です。

 

ハローワークの裏事情について覚えておきましょう。

 

ハローワークの職業訓練を利用する

 

ハローワークには求人が集まるだけでなく、実は「職業訓練」も行っています。

 

あまり利用したことがない人だと、知らないという人も多いようです。

 

職業訓練は無料で受けられ、雇用保険を受給できない人が対象となっています。

 

さらに特定の条件を満たしていると月に10万円と交通費の支給も受けられます。

 

つまり仕事をしていなくても生活の基盤を確保しつつ、転職を有利にするための職業訓練が受けられる形です。

 

これはブラック企業を避けることにもつながります。

 

職業訓練によってスキルを身に付けたり、資格を取得すれば社会人として大きく成長できます。

 

優秀な人材を欲しがる企業は多く、それだけ転職先の幅も広がるわけです。

 

転職先の候補が増えればブラック企業だけでなく優良な企業に当たる可能性も高くなり、結果としてブラック企業を避けられます。

 

ブラック企業で働かないためには自分のスキルを磨くことも大切で、そのための環境がハローワークには整えられています。

 

ある程度の時間がかかりますが、場合によっては職業訓練を受けることも検討しましょう。

 

ハローワークの求人からブラック企業を見抜く方法は?

 

ハローワークにはさまざまな求人があり、私達は求人をチェックしながら自分の転職先を考えることになります。

 

求人票にはブラック企業かどうかを判断するための貴重な情報も多いので、しっかり確認しておきましょう。

 

たとえば、いつも求人を出している企業があります。

 

常に人材不足と推測できますが、それは離職率が高いからです。

 

離職率が高いということは、それだけ仕事が厳しくいわゆるブラック企業と言える労働環境なのかもしれません。

 

良い企業であればそんなに簡単に人も離れないので、いつハローワークに行っても求人を出している企業は要注意です。

 

ハローワークの職員に尋ねれば、求人を出している期間なども教えてもらえるので職員に直接聞くのもいいでしょう。

 

また、「裁量労働制」を採用している企業も見つかると思いますがこれも注意が必要です。

 

裁量労働制を逆手にとり、残業をさせようと考えている企業も存在します。

 

すべての企業がそうではありませんが、そういう企業もあると考えておけばブラック企業を避けやすくなります。

 

ハローワークにはブラック企業の求人が多い?

 

よくハローワークにはブラック企業の求人が多いと言われますが、それはなぜなのでしょう。

 

ハローワークに集まる求人は中小企業のものが多く、これが理由として考えられます。

 

ブラック企業は大企業よりも規模の小さな中小企業に多く見られるため、結果としてブラック企業が多い印象になってしまうわけです。

 

もちろんそうでない企業もたくさんあり、結局は求人票からどんな企業なのかを見抜くことが大切になってきます。

 

ブラック企業の求人があるのはハローワークに限ったことではないので、いずれにしても自分が正しく判断できるようになりましょう。

 

ブラック企業に転職すればまたすぐに辞めることになってしまいます。

 

そうならないためにもハローワークを上手に活用していくことがポイントです。

 

ハローワークで行っている職業訓練や、求人に書かれた情報を正確に見抜くことでブラック企業を引き当てるリスクは減らせます。

 

参考:転職したい会社がブラック企業かどうかを見分ける4つの方法

 

どんなところなのか、転職の際には改めて勉強しておくといいかもしれません。

 

ハローワークの使い方で自分の労働環境は大きく変わります。

転職サイト登録案内