タバコ休憩する上司がムカつく!非喫煙者が損しない為には?

タバコを吸わない人にとって、喫煙者が頻繁にタバコ休憩するのは不快です。

 

喫煙

 

なぜタバコだと休憩が許されるのか?

 

納得いかない部分もありますが、自分が損しないためには何ができるのでしょうか?

 

タバコを吸わない人のできることについて考えてみます。

 

自分も軽い休憩を入れる

 

上司がタバコ休憩することに文句を言うのはまず無理でしょう。

 

気心が知れた上司ならまだしも、普段からストレスの種になっているような上司にタバコ休憩でヤジを入れるのは不可能でしょう。

 

同僚や部下ならまだしも、さすがに上司に対して「ムカつく!」という思いをストレートに伝えるわけにはいきません。

 

かといって我慢するのも損してしまうので、自分も適度に軽い休憩を入れるのはどうでしょうか?

 

もちろん長時間休憩するのは良くありませんが、上司がタバコ休憩に入ったのに合わせて、自分も少しリラックスする時間を作るわけです。

 

軽く体を動かしたりしてもいいですし、仕事の手を止めてゆったりするのもいいでしょう。

 

タバコを吸うために休憩してもいいなら、非喫煙者だってちょっとした休憩くらいいいはずです。

 

それで仕事に支障をきたすようでは本末転倒ですが、人間の集中力はそう長く続きません。

 

休憩を入れることでリフレッシュして良い仕事ができることもあるので、自分だけ頑張るのではなく自分も休むことを考えてみるのが良いと思います。

 

これならお互い様ですし、イライラすることも減らせるでしょう。

 

タバコ休憩の輪に入ってみる

 

タバコの煙が気にならない人限定の方法ですが、一緒にタバコの休憩の輪に入ってみる方法はどうでしょう?

 

まぁたぶん、殆どの人が嫌でしょうけど…(笑)

 

実はタバコ休憩では、休憩している人同士で仕事の話をしていたりします。

 

時には貴重な情報が入手できたり、同じ会社で働く人の考え方や価値観が把握できたりします。

 

ある種のコミュニケーションの場になっているわけです。

 

そこで自分も一緒に休憩して、そのコミュニケーションに参加することで情報収集をする形です。

 

もしかしたら思わぬ話を聞けたり、今後の仕事に役立つかもしれません。

 

私は新入社員の頃に、上司との関係を近づける意味も込めて非喫煙者ですが喫煙所に時々顔を出していました。

 

関係を密に出来るという意味では、臭い煙の中にいることもそれなりにメリットがありました。

 

もちろんただの雑談で終わる可能性もありますが、情報収集ができて休憩もとれる、一石二鳥の方法だと思います。

 

タバコの煙が苦手な人は無理に参加する必要はありませんが、思い切って一緒に参加するのも1つの方法です。

 

自分だけタバコを吸わないのに休憩するのも抵抗があるかもしれませんが、上司とお話がしたくて、などと言えば問題ないでしょう。

 

ちなみに、この際に多いのが「1本どう?」という「君も喫煙者になりなよ!」のお誘いです。

 

これを気安く受けて、自分も喫煙者に交じって煙草を吸うようになると…。

 

そのうち、貰いタバコが楽しみになって、いずれ正真正銘の喫煙者と化すリスクがあります。

 

非喫煙者が喫煙所にいると、どうしてもタバコの誘いを受ける可能性が高くなります。

 

そのつもりがないなら、きっぱりと断ることが大切です。

 

どうしても納得できない時は転職も検討する

 

タバコ休憩という制度がどうしても許容できない場合、転職を考えるのも良い方法だと思います。

 

この場合、タバコ休憩が許せないというより、その上司なり同僚・部下との人間関係に問題があるようにも思えます。

 

まぁとにかく、今の会社に居続ける限り、彼ら彼女らのタバコ休憩にイライラさせられることになるでしょう。

 

それなら職場を変えてしまおうというわけです。

 

分煙なども進んだ今、タバコ休憩を認めていない職場もたくさんあります。

 

非喫煙者の上司の意向で、社内での禁煙が徹底されている職場も多いです。

 

転職をすることで理想的な職場で働ける可能性があり、決して悪い選択ではないと思います。

 

しかし簡単ではないので安易に決められることではありませんが、どうしても職場環境に納得できないなら、最終的には転職も視野に入れることになるでしょう。

 

転職サイトに登録するなどして、いつでも転職活動を始められるように備えておくのもおすすめです。

 

参考:転職サイトへの登録はこちら

 

これはあくまでも私の意見ですが、合わない職場で無理に働き続ける必要はないと思います。

 

より良い環境を目指して転職するのは悪いことではなく、自身のステップアップにもつながるかもしれません。

 

今の職場では働き続けるのが厳しいと感じたら、転職という選択肢も検討してみましょう。

 

非喫煙者にとってタバコ休憩は本当にムカつきます!

 

タバコ休憩がムカつくという気持ちの裏には、その人間に対してムカつくという思いが隠れています…。

 

その気持ちを我慢するのか、それとも転職などの対策を講じるのか、よく考えてみましょう。

 

精神的にストレスが溜まれば仕事にも悪影響が出るので、なんらかの対策が求められます。

転職サイト登録案内