IT業界と介護業界で転職して失敗する人のパターンとは?

転職を考える人の多くは、まず同業他社への転職を考えるものだと思います。

 

IT業界

 

同じような仕事ならこれまでのスキルを活かせますし、当然と言えば当然なのですが、一方で同業他社への転職は上手くいかないとも言われます。

 

転職に失敗するパターンについて見てみましょう。

 

IT業界の例

 

同業他社への転職で失敗が多いとされる業種の1つがIT業界です。

 

IT業界と言えば時代の最先端を行く業種で、企業の数も多く、大手ともなれば人気も高いのが特徴です。

 

ただ、IT業界は基本的に仕事がきつく、しかも人手不足なため激務になることが増えます。

 

転職先でも仕事が一向に楽にならず、転職したけど意味がなかったなと感じる人もいるようです。

 

同業他社への転職の場合、仕事の内容はそう大きく変化しません。

 

そのため今の企業での仕事が辛く、それが理由で転職したい場合は結局転職先でも同じような苦労を味わうことになる可能性が高いわけです。

 

もし今IT業界で働いていて、仕事が辛いからと転職を考えているなら、同業他社は避けた方が良いのかもしれません。

 

ITに関する知識があるばかりに、他業界を無条件に避けている人が多いのも事実…。

 

折角身に着けた知識が勿体ないという気持ちもわかりますが、そもそもその知識を使うことに苦痛を感じている場合は思い切って捨ててしまうことも一つの手です。

 

私の知り合いは、システムエンジニアとして非常に優秀でしたが、過労で心身を壊してしまいました。

 

トラブル解決能力が高く、非常に頼りになるため、トラブルがあれば社内だけでなくクライアントからもヘルプが土日祝日関係なく起こり飛び込み、プライベートの無い日々に嫌気がさしたようです。

 

第三セクターの重要なシステムを担う業務でしたが、ひと段落したところで退職し、現在は近い業界でもあるインターネット通信の個人宅営業の世界で活躍しています。

 

システムエンジニアの頃のような、細かく専門的な知識を必要としない個人宅営業の仕事ですが、やはり詳しい人は素人に説明するのも簡単にできるので受けが良いようです。

 

ちょっとしたパソコンのトラブルなども簡単に解決してしまうので、そういった知識がない営業マンよりもお客さんに頼りにされ、結果的に営業成績にもプラスに影響されているとのことです。

 

一度身に着けた知識やスキルは、他業種でも思わぬ形で役立つことがある、これは転職あるあるです!

 

逆に人間関係などで悩んでいるのが転職理由なら、同業他社であっても環境を変えることで状況が大きく変わる可能性が出てきます。

 

自分はなぜ転職をしたいのか、この点を明確に整理することが大切です。

 

IT業界はどこも慢性的な人手不足なので転職自体はしやすいですが、転職した結果今より厳しい状況になるのは避けるようにしましょう。

 

介護業界の例

 

介護業界もIT業界と同様に、人手不足で仕事の内容もきついところが多くなります。

 

やはり人を介護するというのは決して楽なことではなく、介護業界の場合はさらに収入面で不満を感じる人も多く見られます。

 

ブラック系の会社になれば、薄給で朝から晩まで仕事させる…。

 

同窓会の2次会で、介護業界で働く友人がぼやいていたのを思い出します。

 

「同級生の誰よりも働いているが、たぶん俺が一番給料安い…」

 

介護業界に転職する際は転職先の候補となる企業をしっかり調べ、自分に合っているかを考えることが大切でしょう。

 

ただ単に今の職場が嫌だからと安易に転職してしまうと、失敗に終わってしまうかもしれません。

 

同業他社への転職ならステップアップもしやすいと考えてしまいがちですが、必ずしもできるとは限りません。

 

むしろステップアップできるだけの能力を持っているなら、同業他社じゃなくてもステップアップは可能なので、同業他社にこだわる必要もないと思います。

 

選択肢の幅をもう少し広げ、幅広くたくさんの企業から自分が働くべき企業を見つけるようにしましょう。

 

実際、仕事が辛いから、給料が安いからという理由で転職をして失敗した人が多いのが介護業界です。

 

同業他社への転職で注意すること

 

最大の注意点は、同業他社の場合は仕事内容が変化しないという点です。

 

勤める企業が変わっても、やること自体は今までとほとんど変わらないので、仕事内容について自分がどう感じているかが重要です。

 

仕事内容に不満があるなら同業他社へ転職しても、問題の根本的な解決は期待できません。

 

IT業界にしろ介護業界にしろこれは同様です。

 

仕事内容に不満がなく、別な理由で転職を考えているなら、勤め先を変えるのは有効な手段となるでしょう。

 

特に人間関係などは大きく改善される可能性があり、なぜ転職したいのか、その理由が転職の成否に大きく関わると考えるべきでしょう。

 

他の業種でも言えることですが、特にIT業界と介護業界はこの傾向が強いと思います。

 

転職するには一度退職しなければならず、精神的にもハードになります。

 

せっかく転職するなら成功させたいものですし、転職したい理由を含めて慎重に考えるようにしましょう。

 

同業他社への転職は難しい面もありますが、培ってきたスキルを活かして即戦力で働ける面もあります。

 

一長一短ですので、転職が本当に正しい選択かどうかを考え、後で後悔しないようにしましょう。

転職サイト登録案内