工事現場でしか働いたことがない既卒の私が活躍できる業界とは?

大学卒業後、非正社員として工事現場で働き、気付いたら30代になっていた。

 

工事現場

 

こんな人が転職を考えた時、自分が活躍できる業界はどこなのか、気になる部分ではないでしょうか。

 

ここでは数ある業界の中から、30代既卒の人が活躍しやすい業界を考えてみます。

 

運送業界

 

主にトラックドライバーの仕事が該当しますが、運送業界は既卒の人でも比較的活躍しやすい業界と言えるでしょう。

 

トラックドライバーの場合、運転免許があれば最低限の資格はクリアできます。

 

楽な仕事というわけではありませんが、求められるハードルが他の業界と比べればまだ低い方なので、チャンスがあると考えていいと思います。

 

また、運送業界は近年急激に利用者が増えたネット通販によって、慢性的な人材不足に陥っているのもポイントです。

 

とにかく多くの人を欲している業界で、既卒であろうと意欲のある人は歓迎されやすい状態です。

 

自分にやる気さえあればバリバリ働いて活躍することが可能で、その意味では誰でも活躍できる環境が整えられています。

 

毎日長時間運転することになるので、運転が苦にならない人であれば辛いと感じることもあまりないでしょう。

 

年齢も若い必要はないので、30代で既卒の人が就職を考えるなら狙い目の業界と言えそうです。

 

IT業界

 

IT業界というと専門的な知識やスキルが求められるイメージが強いと思います。

 

たしかにそうなのですが、IT業界も運送業界と同じく人手不足に悩まされていて、最近では未経験者でも採用している会社が多く見られます。

 

必要な知識やスキルは入社してから覚えてもらうような形です。

 

即戦力であれば重宝されるのはもちろん、そうでなくても採用される可能性があり、活躍することも可能です。

 

ただしなんの知識もない状態からIT業界に行けば、当然ながら勉強すべきことは多くなります。

 

仕事をしながら同時に勉強もするような状態になりますので、その点では少しハードな業界になるでしょう。

 

積極的に学ぶ気持ちがあるならやりがいを感じられるはずです。

 

またIT業界は常に最新の知識や技術に精通している必要があり、年齢を重ねると厳しい仕事とも言われます。

 

30代という年齢がネックになる可能性がある、それは認識しておきましょう。

 

介護業界

 

介護業界も既卒の人が活躍しやすい業界になると思います。

 

介護のための資格があったり、専門的な知識が必要とされる場面もありますが、それ以上に大切なことが人の世話をすることが好きかどうかです。

 

介護職は重労働で精神的にも大変な仕事で、だからこそスキル以上にその仕事が好きかどうかが問われる部分があります。

 

経験があるかどうかや、新卒か既卒かよりも、とにかくやる気が重視される業界とも言えるかもしれません。

 

未経験でも働くことが可能で、さらに活躍の場もあります。

 

30代既卒の人が就職する業界としては、運送業界やIT業界と同じく適しているでしょう。

 

実際、介護業界には未経験の人が入ってくることが多く、同じような境遇の人も見つかるのではないでしょうか。

 

離職率が高く、常に人材を募集しているのもポイントです。

 

やはり離職率が高いということはそれだけきつい仕事とも言えますが、介護が向いていると感じるなら特に問題ないはずです。

 

これらの業界は工事現場でしか働いたことがないような人でも、比較的活躍しやすい業界です。

 

本格的に就職に向けて動くなら、これら3つの業界を中心に求人を探してみるとスムーズに仕事が見つかるかもしれません。

転職サイト登録案内