小突いてくる上司に法の力を使って有事に備えておく方法

怒った時など、すぐに小突いてくるような上司も世の中には存在します。

 

暴力上司

 

少し大袈裟かもしれませんが、「暴力の1種」と言ってもいいと私は思います。

 

こういう上司が身近にいる場合、万が一に備えて法の力を使った備えも必要です。

 

まずは証拠を確保しよう

 

上司に小突かれた時、それが暴力だと自分が感じるのなら、なんらかの対策をしなければいけません。

 

そこで重要になってくるのが「証拠の有無」です。

 

軽く小突くだけならまだしも、もしエスカレートしてケガをしてしまうような暴力になれば危険も出てきます。

 

いざという時に上司から暴力を振るわれたことを証明するために、証拠を確保しておきましょう。

 

具体的には上司との会話を録音しておいたり、ケガをした場合は病院で診断書を出してもらうなどです。

 

証拠があればその後の対応もしやすくなりますし、上司に言い逃れされる心配もなくなります。

 

客観的な証拠は法的な効力も持ちますし、自分を守るためにもなんらかの形で証拠を確保することが重要です。

 

家族や友人などに相談しておくのも有効で、自分1人で抱え込まないようにしましょう。

 

上司の理不尽な対応に悩まされる人は、自分だけで対処しようと周りに相談できない人も多いようです。

 

味方を作っておくこともポイントになるでしょう。

 

さらに上の上司や、労働基準監督署に相談を

 

上司との関係でトラブルが起きた場合、さらに上の上司や労働基準監督署に相談して解決を目指すことも大切です。

 

会社として問題のある行動だと判断してもらえれば、上司にも指導があるでしょうし、労働基準監督署も適切な対応をしてくれます。

 

自分だけでは解決が難しい場合、別の人や組織に間に入ってもらうことも考えないといけません。

 

会社内の人間の場合、問題が起きることを嫌って穏便に済ませようとしたり、最悪の場合見て見ぬふりをすることも考えられます。

 

この点を考慮すると労働基準監督署に相談するのがベストではないでしょうか?

 

明らかな暴力だと言える場合、警察に相談する方法も検討しましょう。

 

被害届を出し、それが受理されれば暴行事件として捜査が行われます。

 

さすがに警察が介入すれば会社としても隠したりはできませんし、罪に応じた罰が与えられます。

 

いずれにしても証拠がないといけないので、やはり証拠を確保しておくことがもっとも大きなポイントです。

 

労働基準監督署や警察に相談するとなると、こちらも精神的に大きな負担になるかもしれませんが、我慢し続けるよりはいいと思います。

 

あまりにも上司の行動がひどい場合は、しかるべき機関に報告して間に入ってもらいましょう。

 

転職を検討する

 

法の力を使うのとは少し違いますが、会社を辞めて上司と接する機会を無くしてしまうのも良い方法だと思います。

 

世の中の人間関係で悩む人が取りやすい「現実的な方法」ではないでしょうか?

 

仕事が好きな場合、上司のために退職するのが「胸クソ悪い」気持ちはしますが、働くうえで上司との関係性はとても重要です。

 

自分と合わない上司と働き続けるくらいなら、思い切って会社を変えてしまうことも考えるべきではないでしょうか?

 

参考:転職サイトへの登録はこちら

 

同業に転職すれば同じ仕事を続けられ、面倒な上司に悩まされることもなくなります。

 

同業他社ならこれまでの経験やスキルも活かせるので、即戦力として活躍できる可能性もあります。

 

精神を崩壊する恐れがあるのなら、無理に1つの会社で働き続ける必要はないので、別な会社で働くことも考えてみましょう。

 

視野を広く持てば転職も決して悪いことではありません。

 

自身のステップアップにつながることも多いので、問題の解決が難しそうなら転職も含めて色々な選択肢を検討しましょう。

 

上司にもさまざまなタイプがいて、中には小突いてくるような悪質な上司もいます。

 

どうやって対処するべきなのか、自分を守るために知っておく必要があります。

転職サイト登録案内