給料が安すぎる!高収入な業界と必要なスキルや資格とは?

今の仕事は給料が安すぎる、そう感じる人は多いようです。

 

給料が安すぎる

 

  • 同世代の平均年収はいくらなのか?
  • さらに高収入が期待できる業界は?
  • その業界に入るために必要なスキルや資格はあるのか?

 

このあたりを見てみましょう。

 

こうした知識があれば転職も上手にできるようになります。

 

世代別の平均年収

 

まずは「世代ごとの平均年収」をチェックしましょう。

 

  • 20代…346万
  • 30代…455万
  • 40代…541万
  • 50代…661万
  • 60代…479万

 

2017年に行われた調査によると、20代の平均年収は346万円となっています。

 

30代は455万円、40代は541万円、50代は661万円、60代は479万円です。

 

20代を基準にすると、年代が上がるごとに100万円ほど年収が増え、60代になると逆に減っているのがわかります。

 

60代だと仕事をリタイアする人も増えてきますし、年齢的な問題から年収が減ってしまう形です。

 

いずれにしてもこれが平均額になりますので、自分の年収が平均未満であれば給料も安いと言えるでしょう。

 

またよく年収1,000万円なんて言いますが、それだけの収入を得られる人はごく一部なことも平均額から推測できます。

 

働き盛りの30代40代、たくさんの経験をしてきた50代でも400万円から600万円くらいの年収が一般的なのです。

 

平均年収がわかれば、自分の給料がどのくらいの水準なのかもわかります。

 

もし給料が低いようなら、転職することも考えてみていいかもしれません。

 

高収入が期待できる業界とは?

 

高収入が期待できる業界はいくつかありますが、代表的な業界が「金融業」です。

 

銀行などが該当しますが、高収入のイメージを持っている人も多いのではないでしょうか?

 

そのイメージ通り、金融業界は高収入が期待できると言っていいでしょう。

 

これはボーナスがしっかり出る会社が多いことに加え、金融業界は結果を残すとそれがダイレクトに給料に反映されることも影響しています。

 

金融業界は営業職が多く、営業職は結果を残せば給料も上がりやすい職種です。

 

そのため金融業界全体が高収入を狙えることが多くなり、実際にも高収入を得ている人が多い業界です。

 

その分仕事がハードだったり、結果を厳しく求められますが、収入アップを目指す人には魅力的な業界になりそうです。

 

また、近年では「IT業界」も高収入が狙えます。

 

慢性的な人手不足が続いていて、どこの会社も優秀な人材は高待遇を用意するからです。

 

給料を上げることで優秀な人材を確保したいわけです。

 

専門的なスキルや知識が必要ですが、IT業界でバリバリ働けるなら高収入も夢ではありません。

 

高収入のために必要なスキルや資格について

 

たとえば、上記で紹介した金融業界なら、必ずしも特殊なスキルや資格が必要となるわけではありません。

 

営業職の場合、とにかく交渉能力やコミュニケーション能力が大切で、サービスを売ったり取引をまとめる力が重要視されます。

 

人と接すること、コミュニケーション能力に自信がある人は、資格を取る手間をかけるくらいなら、思い切って営業の世界に飛び込んでみるのも良いでしょう。

 

金融業界に限らず、営業で稼げる仕事としては以下が挙げられます。

 

  • 不動産営業
  • インターネット契約の個人営業
  • 太陽光発電の営業
  • 保険営業

 

一部、資格が必要な場合もありますが、基本的に資格や学歴に関係なく、結果を出せば評価される世界です。

 

能力が高いなら資格がなくても結果は残せますし、とにかくコミュニケーション能力が最優先されるスキルと言えます。

 

どちらかというと、体力的にもきつい仕事なので、スキルや資格よりも体力がある人の方が向いていたりもします。

 

逆に、IT業界はまさにスキルや資格が欠かせません。

 

  • ITパスポート
  • 基本情報技術者
  • マイクロソフトオフィススペシャリスト
  • LPIC
  • システムアーキテクト
  • ITストラテジスト

 

ざっと例を挙げましたが、これ以外にもIT業界の転職で役立つ資格はたくさんあります。

 

未経験でも働けるのですが、それでは高収入は狙えません。

 

プログラムの知識や、コンピューター全般に関する知識などが必要で、それを証明するための資格があると転職もスムーズになります。

 

IT業界を狙うなら、事前に勉強をしておくことも考えておきましょう。

 

業界によっては高収入が狙いやすく、今よりも収入を増やせる可能性があります。

 

とはいえ簡単なことではなく、スキルや資格も求められるので、自分の能力を高めることが高収入につながると考え、努力を惜しまないようにしましょう。

転職サイト登録案内