20、30、40、50代など年代によって転職活動の仕方や求人の質などは変わるのか?

20代でも50代でもバリバリ仕事をできる世代には変わりませんが、年代によって転職活動の仕方や、求人の質は変わるのでしょうか。

 

50代男性サラリーマン

 

もし年代ごとに違いがあるなら、その違いを理解しておくことで転職活動がスムーズにできるようになります。

 

年代を焦点にして転職を考えてみましょう。

 

若い年代は将来性を見られる

 

特に20代に言えることなのですが、若い年代ほど会社は将来性を重視する傾向にあります。

 

転職というと、即背力を求めているイメージが強いかもしれませんが、これは年代によって変わってくるわけです。

 

実際、20代というとまだまだ社会人になりたてて、それこそ20代前半の人なら社会人としての経験は非常に浅く、即戦力としての活躍は会社もそれほど期待していません。

 

むしろ採用することで将来どれくらい貢献してくれるか、その点が重要視されます。

 

そのため転職活動においても、自分が即戦力になるというアピールをするよりも、やる気があることやこれからどう成長できるのかをアピールするのがいいでしょう。

 

仕事に対する自分の考え方や、情熱を上手くアピールできれば採用につながるはずです。

 

求人の質に関しても、即戦力や特定のスキルを持った人というより、若い人材、つまり将来大きな戦力になってくれそうな人を募集していることが増えます。

 

若さは1つの武器にもなりますので、その点をどれだけ売り込めるかがポイントになると思います。

 

30代・40代は結果が大事

 

30代や40代になると、以前の職場でもそれなりの仕事を任されているはずで、社会人として大きく成長した年代と言えます。

 

当然、求人を出す会社もそれを踏まえたうえで人材を募集しています。

 

20代はやる気など、将来性を感じられれば採用となるケースがありますが、この年代になるとそれだけでは足りません。

 

これまで仕事でどのような結果を残してきたか、結果を残すためにどんなことをしてきたのか、より具体的なアピールポイントが求められます。

 

いわゆる「即戦力」としての人材を求められる年代で、求人で条件として設定される項目も具体的になっていきます。

 

この年代で転職を成功させるには、自分がいかに優れた人材であるかを明確にアピールできないと厳しいでしょう。

 

転職の前に改めて自分の武器はなんなのか、整理しておくのがおすすめです。

 

50代の転職活動と求人の質

 

50代の転職活動では、専門的な知識やスキルがより求められるようになります。

 

求人を見ても、実務経験が何年以上の人とか、この業界で何年以上働いている人など、まさにプロフェッショナルが必要とされるのがわかります。

 

入社後すぐに管理職になるケースも多く、部下を指揮し、仕事をスムーズに進める管理能力も求められてきます。

 

求人の質は非常に高いと考えるべきでしょう。

 

転職活動の仕方ですが、自分の能力を活かせそうな求人に絞ることも必要になってきます。

 

さきほども触れたようにある程度の実務経験などが求められるので、未経験の業界や職種への転職はなかなか厳しいものがあります。

 

会社としても50代の人を1から教育し戦力にするのは大変なので、基本的には経験のある業界や職種への転職に限定されることがほとんどです。

 

これまでやってきた仕事で得たことをフルに発揮できる職場、それが理想的な転職先と言え、そうした求人をいかに見つけるかがポイントです。

 

幅広く求人をチェックし、ベストな転職先を探すようにしましょう。

 

年代によって求められることが違うため、転職活動の仕方も変わってきます。

 

自分の年代を踏まえ、どのように転職活動をすればいいのか考えましょう。

 

そうすれば成功へとつながっていきます。

転職サイト登録案内