人間関係が下手な人に転職先でお勧めの業界5選!

人付き合いが苦手な人は職場で孤立しやすく、それが悩みの原因になっていることも多いようです。

 

孤立した男性

 

自分は人間関係を構築するのが苦手だ、そう自覚している人が転職で選ぶべき業界とはどこなのでしょう。

 

人間、向き不向きがあります。

 

苦手な人間関係で苦しみ続けるくらいなら、その必要性が少ない場所で精進するのも正しい選択と言えます。

 

人付き合いが苦手でも働きやすいと考えられる業界を紹介します。

 

清掃業

 

ホテルやトイレ、各種施設などの清掃をするのが清掃業界の主な仕事です。

 

仕事は必ず1人でやるわけではなく、複数の人間で担当することも多いため、人間関係がまったく不要というわけではありませんが、比較的やりやすい仕事の1つです。

 

特に清掃中は1人で黙々と作業することがほとんどなので、少なくとも仕事中に人付き合いで面倒や思いや嫌な思いをすることはないでしょう。

 

職場によっては自分1人だけで担当することもあるので、これならまさに理想的な職場と言えるのではないでしょうか?

 

こうした業界は同じく人付き合いが苦手という人が多い場合もあり、お互いにあまり干渉しないで済むのも利点として考えられます。

 

工場

 

製造業やメーカー業界でよく見られる、工場での勤務も人付き合いが苦手な人に向いている転職先になるでしょう。

 

工場で部品の製造や監視をする場合、常に一定の作業をし続けることになり、人と話す機会はほとんどありません。

 

それでいて仕事内容も他の人との連携はほとんど不要なので、誰とも話さず仕事を続けるだけでかまいません。

 

単純作業がほとんどなので、単純作業が苦手な人は厳しいかもしれませんが、特に苦にならない人にとっては非常に良い環境と言えそうです。

 

特に女性は忍耐力があり単純作業も得意とされているので、女性向けの業界とも言えるかもしれません。

 

トラックドライバー

 

荷物をトラックに積み目的地まで送り届けるのがトラックドライバーの仕事です。

 

移動中は自分1人でトラックを運転することになり、誰にも邪魔されなプライベートな空間がそのまま職場になるようなイメージです。

 

近年はカーナビが充実しており、未経験者で運送経路で迷ったりトラブったりするリスクも減り安心です。

 

配達先で人と話すことはありますが、すぐに次の目的地へと向かうことが多く、話すと言ってもそれほど長時間にはなりません。

 

特に長距離のドライバーともなれば1日の大半を移動に費やすことにあり、ほとんど人と接しないことも珍しくありません。

 

人付き合いが苦手な人でも問題なく、有力な業界の1つでしょう。

 

警備員

 

デパートなどの店舗や施設の警備を担当するのがこの仕事です。

 

仕事は店舗や施設が閉まっている夜中に始まり、朝まで異常がないかどうかをチェックすることになります。

 

警備員が何人いるかは状況によって変わりますが、いずれにしても人と話すことが少ない業界です。

 

トラブルがなければ誰とも話さず仕事が終わることも多く、人付き合いに悩まされることなく働けます。

 

昼夜が逆転してしまう、拘束時間が長いといった点を受け入れられるなら良い業界でしょう。

 

ビルメンテナンス

 

警備員とは違い、ビルの警備ではなくメンテナンスを行う仕事です。

 

基本的に1人でできる仕事のため、仕事中に人間関係を気にする必要もなく、メンテナンスだけをしっかりやっていれば問題ありません。

 

転職先として有力な候補となりますが、メンテナンスを行えるだけの知識が求めれます。

 

資格の取得も必要になってくるため、少し敷居が高い業界とも言えるでしょうか?

 

ビルメンテナンスの業界に転職を考えるなら、あらかじめ資格を持っておくと有利になります。

 

もちろん資格なしでも採用してもらえる可能性はありますが、資格があった方が良いのは間違いないでしょう。

 

これらの仕事は人付き合いが苦手な人でも比較的やりやすい仕事だと思います。

 

人間関係が原因で転職するなら、これらの業界を中心に探してみると良い結果になるかもしれません。

転職サイト登録案内