独身上司の飲みの強要!体育会系で怖い上司の誘いを断る方法とは?

独身の上司から飲み回に誘わることは社会人なら誰もが経験することだと思います。

 

体育会系上司

 

特に体育会系の怖い上司からの誘いは断りづらく大変です。

 

そんな上司からの誘いを上手に断る方法はないのか、考えてみましょう。

 

体調不良

 

断る理由としてはこれがベストだと思います。

 

さすがの上司も体調不良の部下を無理やり飲み会に連れて行こうとは思いません。

 

今日は風邪をひいていて体調が悪く、参加しても迷惑をかけてしまいそうで、そんなふうに言えば上司も納得してくれるはずです。

 

ただ、この方法は何度も使えないのがデメリットになります。

 

毎回体調不良を理由に断っていては上司もおかしいと感じます。

 

嘘を付いているとバレてしまうので、いざという時に残しておくべき理由かもしれません。

 

飲みに誘われる頻度が少ないならまだしも、独身で体育会系の上司は飲みの誘いも多くなると思います。

 

いつも体調不良というわけにはいかないので、どうしても行きたくない時にこの理由を使うようにし、それ以外の時はまた別な理由を考えておくべきでしょう。

 

そこまでしないといけないのは面倒ですが、波風を立てるわけにもいかないので、断る理由は複数用意して使い分けることがポイントです。

 

仕事があって行けない

 

急な仕事や、どうしても今日中に終わらせないといけない仕事があると言うのも良い方法だと思います。

 

上司がこちらの仕事の状況を完璧に把握していると使いにくいですが、そうでなければ穏便に断れる良い理由でしょう。

 

仕事がある以上飲みに行けないのはしょうがないですし、上司として仕事よりも飲み会を優先しろとも言えません。

 

むしろ体育会系の上司は熱血タイプが多いので、仕事を頑張る姿を評価してくれる可能性まであります。

 

お誘いはありがたいのですが、どうしても仕事があって…と、誘われた事自体は嬉しいと伝えるのもコツです。

 

行きたくないわけではなく、行きたいけど行けないという雰囲気を出しましょう。

 

どんな仕事があるのか聞かれた時に、ちゃんと答えられるように準備しておくのも大切です。

 

普段から簡単な仕事を残しておくのもいいかもしれません。

 

いずれにしても仕事を理由に断るのは角が立たず、さらに上司も仕方ないと納得してくれやすいので非常に便利だと思います。

 

医者にお酒を止められている

 

医者に止められていてお酒が飲めない、これも飲み会を断る良い理由になるでしょう。

 

医者に飲んではいけないと言われているくらいですから、お酒を飲むのは危険な状態です。

 

これで飲酒を強要するような上司は少ないですし、かえって気を遣ってもらえる可能性もあります。

 

また、この方法ならしばらくの間は飲み会に参加しなくて良い理由ができるので、その点でも助かります。

 

上司に嘘を言うのは気が引けるかもしれませんが、行きたくない飲み会に無理に参加する必要はないと思います。

 

我慢して参加すれば自分がストレスを溜め、精神的に辛くなるだけです。

 

飲み会は義務ではないと割り切り、行きたくない時はこういう理由を使ってでも断ってしまっていいのではないでしょうか。

 

実際体質的にお酒が合わない人もいますし、そういう人からすれば飲酒するだけでも苦痛なものです。

 

相手が上司だからと我慢していては本当に体を壊してしまうリスクもありますし、きっぱり断ることも大切です。

 

すべての飲み会を断れなくても、飲み会の回数が減れば負担も大きく減るはずです。

 

毎回参加するのではなく、適度に断りながら上司と上手に付き合っていきましょう。

 

怖い上司から誘われると断りにくいこともありますが、自分の中で理由を用意しておけば断りやすくなります。

 

案外、この手の悩みは対策しだいでスッキリ解決するものです。

 

行きたくないなと思ったら無理をせず、上手な理由を付けて断ってしまいましょう。

転職サイト登録案内