30歳目前SEにありがちな将来への不安や憂鬱とは?

地方から出てきて都内で働き始めたものの、仕事がきつい。

 

SE

 

そう感じている人は多いと思います。

 

とはいえ転職する気力も出ない、30歳を目前にしたSEにありがちな将来への不安や憂鬱にどうやって対処すればいいのでしょうか。

 

SEを続けることの大変さ

 

SEと言えば現場でバリバリ働く職種で、年齢層も若い世代が多く見られます。

 

SEが好きでずっと現場に居たいと思っている人でも、その大変さから途中で諦めてしまうケースも珍しくありません。

 

それだけSEは大変な仕事と言えるでしょう。

 

常に最先端の知識を学習しなければなりませんし、その知識を仕事で活かせないといけません。

 

これが仕事を業務としてこなしている人には辛いところ…。

 

楽しんでいる人にとっては、逆に楽勝だと言えるでしょう。

 

ずっと勉強し続けること自体が大変で、年齢を重ねれば体力的にも精神的にもきつくなっていくと思います。

 

30歳を目前に、このままSEを続けていられるのかと不安に感じるのも仕方ないことでしょう。

 

また、これからもずっとこの仕事を続けるのかと憂鬱になる人もいるかもしれません。

 

この際仕事を辞めてしまおうかと思っても、仕事のきつさから転職活動する気力さえ出ない、まさにSEにはよくある話です。

 

私の場合は、好きになれないことを勉強し続けなければならないという「強迫観念」に押しつぶされて辞職してしまいました。

 

都内で働くのはある種の憧れだったりしますが、きつい仕事も多くていざ働いてみると大変だと感じることもあるでしょう。

 

この先どうするのが良いのか、しっかり考える時期に来ているのではないでしょうか。

 

転職を具体的に考えてみる

 

仕事がきつくて辞めたいと感じるなら、そろそろ転職を具体的に検討するタイミングなのだと思います。

 

問題は転職する気力さえ失われていることですが、まずは自分のできることから始めてみましょう。

 

小さなことでも行動してみると、やる気が出てきたりします。

 

たとえば、いきなり転職に向けて本格的に動き出すのではなく、次に働くならどんな職種や職場が良いか考えるだけでもかまいません。

 

まずは近い将来に転職することを想定し、自分の未来予想図を簡単に描いてみてはいかがでしょうか。

 

将来を考えるだけでも気持ちが大きく変化する可能性はあります。

 

もしこれでやる気が出るようなら、そのまま転職に向けて動き出せばいいですし、まだ難しいという場合でも、いつでも転職活動を始められるよう心の準備をしておくのが良いと思います。

 

SEは何歳になっても続けられる仕事とは言い難い部分があります。

 

多くのSEはある程度の年齢になった時、管理職になったり転職をするケースが多く、このことからも大変な仕事なのがわかります。

 

自分の将来を見据えて正しい選択ができるようになりましょう。

 

転職サイトなら簡単に利用できる

 

仕事が忙しいと他のことをするのが面倒になってしまいますが、転職サイトは簡単に利用できて便利です。

 

インターネット上にはたくさんの転職サイトが存在し、無料で利用できます。

 

たくさんの求人が掲載されていて、細かい条件などもすぐにチェックできます。

 

パソコンやスマホから簡単に見られるので、まずは転職サイトに登録してみるのも良い方法ではないでしょうか。

 

転職サイトで定期的に求人をチェックし、良さそうな求人があれば応募してみる、これで新しい職場を見つけられるかもしれません。

 

30歳を過ぎれば体力的にもさらに厳しくなっていくと予想されます。

 

もし転職を考えるなら早めに行動できた方が良いのはたしかなので、転職サイトのような便利なサービスを上手に使いこなしましょう。

 

仕事があまりに忙しいと転職活動をすることさえ面倒になってしまいますが、そのままでは不安や憂鬱は解消されません。

 

辞めたいと感じているなら転職が状況を大きく変える良い手段になりますので、小さなことからでも良いので転職に向けて動き始めましょう。

 

SEは体力も気力も必要な仕事なので、辛いと感じたら転職を考えるのも悪い選択ではありません。

転職サイト登録案内