バイト先の「社員登用あり」制度に実際に選ばれる人材とは?

企業の中には社員登用制度を設けているところもあり、バイトから正社員にステップアップできる可能性があります。

 

アルバイト

 

では社員登用制度によって正社員になれる人材とは、どんな人材なのでしょう。

 

選ばれる人材に求められる行動、思考について私の意見を紹介していきます。

 

社員と同等・それ以上の仕事ができる

 

行動面でもっとも重要なこと、それはやはり仕事ができることに尽きます。

 

特に社員と比べても同等か、社員以上に仕事ができるような人材は高く評価されますし、会社としても正社員として働いてほしいと感じるのは当然でしょう。

 

社会人は結果がすべてなんていう言い方もされますが、まさに行動で信頼を得るわけです。

 

社員登用制度によって正社員を目指すなら、仕事ができるのは大前提と言ってもいいでしょう。

 

仕事ができないなら正社員にする必要はありませんし、正社員が必要になった時も求人を出して募集すればいいだけです。

 

バイトから正社員になるには、とにかく仕事ができると評価されないといけません。

 

ただ与えられた仕事をこなすだけでなく、指示されなくても必要な仕事を率先してできるのが理想でしょうか?

 

会社としても正社員になれば給料も上がり、コストの面で今以上の負担になります。

 

その負担をしてでも、戦力として更に活躍してほしいと思ってもらわないと正社員にはなれません。

 

まずは仕事を完璧にこなすよう努力してみましょう。

 

コミュニケーション能力に優れている

 

これも非常に重要なポイントだと思います。

 

仕事上で必要な報告や連絡、相談、いわゆるホウレンソウをはじめ、コミュニケーション能力に優れている人材は会社としても頼りになります。

 

仕事ができるという点にも共通していますが、単純なスキルだけでなくコミュニケーション能力も武器の1つになるわけです。

 

たとえば、同じくらい仕事ができるバイトが2人いるとして、1人は挨拶も含めてしっかりコミュニケーションがとれる人、もう1人はまったくコミュニケーションがとれない人だったとしましょう。

 

どちらかを正社員するとした場合、やはりコミュニケーション能力が高い方が優先されます。

 

仕事では社員同士や上司と部下のコミュニケーションも重要で、接客業ならお客とのコミュニケーションも欠かせません。

 

人間関係の基礎ともなるコミュニケーション能力は、会社で働くうえでも非常に重要視される要素だと思います。

 

別に面白くて気の利いたことを言える人になる必要もありません!

 

挨拶やマナーを守って、礼儀正しく仕事に取り組む姿は、口ばっかりで軽い人よりも誠実に見えますし、信頼もされます。

 

もしバイトから正社員へのステップアップを目指すなら、仕事をこなすと同時に挨拶を始めとする基本のコミュニケーションを意識してみるのがいいでしょう。

 

上を目指す情熱がある

 

会社から高く評価される人は、情熱を持っているケースも少なくありません。

 

より高いスキルを身につけようとしている、会社をより良くしようと常に考えて行動している、そんな人材は会社から見ても魅力的です。

 

やはり人間、前向きさが大切ということでしょう。

 

バイトだとどうしても淡々と仕事をするだけの人も多いのですが、だからこそ情熱を持って仕事をしている人は目立ちます。

 

また、それだけ今の会社や仕事が好きだという気持ちも伝わり、それなら正社員としてもっと働いてもらおうと考えてもらえるかもしれません。

 

お金のために仕方なく働いているんだな、そんなふうに思われてしまっては正社員への道も厳しくなるでしょう。

 

もしこの会社で正社員として働きたいと思うなら、行動と同時に思考の面でも評価してもらわないといけません。

 

情熱を持って仕事をすればそれはきっと会社に伝わりますので、常にモチベーションを高く持って仕事に励みましょう。

 

社員登用制度がある会社なら、バイトから正社員にステップアップすることも可能です。

 

決して簡単ではありませんが、しっかり仕事をこなし積極的にコミュニケーションをとり、情熱を持って仕事をすれば正社員への道も開けます。

転職サイト登録案内