会社を辞める際の上司や同僚への上手な退職理由の伝え方とは?

「会社を辞める!」と自分の中では決意を固めても、それをいつ誰に、どんなタイミングで伝えれば良いのか…?

 

会社を辞めたい人

 

考えると気が重くなりますよね。

 

それに「退職する理由は何にしようか…」と、あれこれ悩んでしまいます。

 

そこで、できるだけ円滑に退職できるように、上手な退職理由の伝え方についてご紹介します。

 

最初は上司に相談ベースで伝える

 

「会社を辞めます」というのは、なかなか言い出しづらいものです。

 

しかし、できるだけ円満に退職できるように、最大限の気遣いはしたいものです。

 

辞める意思を同僚や周囲の人に漏らす前に、必ず最初に「直属の上司」に伝えましょう。

 

本人ではなく周囲の人から耳に入ったのでは、上司の心象も良くありません。

 

それも「辞めます」ではなく、「辞めたいと思うのですが…」と相談という形で切り出すのがベストです!

 

いきなり「辞めます!」と打ち明けられると、上司も心の準備ができておらず心象が悪くなりがちです。

 

ポイントは、辞めたいと伝えつつも、あなたの中では「辞める事が決定事項」となっていることです。

 

一度、上司に退職の意思を伝えてしまえば、その職場での長いキャリアは形成しづらいと考えた方が良いでしょう。

 

辞めたいと上司に伝える際には、決定事項ではあれど、一旦は「辞めたいと思っています」という「相談という形」を踏むことが大切です。

 

あくまでも結論は話し合いの上で出しますというスタンスを守りつつ、最終的には辞めるという形にもっていけるよう、意思はそれとなく伝えるようにしましょう。

 

バレバレの嘘は避ける

 

退職の理由は「ネガティブ」なものであったとしても、それを口に出してはいけません!

 

これは鉄則です!

 

人間関係や仕事の内容が原因で辞める場合でも、会社のせいにするのはやめましょう。

 

あくまでも自分の理由で辞めることにするのが、スマートな伝え方です。

 

大人であれば、誰しも本音とタテマエを使い分けているもの。

 

「立つ鳥跡を濁さず」という言葉の通り、辞めていく会社に悪い印象を残してまで本音を伝える必要はありません。

 

また個人的な理由であれば、上司も引き止めにくいものです。

 

一般的に良く使われるタテマエの理由としては、下記などがあります。

 

  • 結婚するのでそれを機に
  • 親の介護
  • 子どもの世話
  • 体調を崩した

 

これらはそれに近い状況があるのならまだしも、後々嘘がバレたときに悪い印象を与えます。

 

さらに実は嘘だと見抜かれやすいため、あまりおすすめはしません。

 

できるだけポジティブな理由を考える

 

それよりもできればもっと、ポジティブな理由を伝えるといいでしょう。

 

  • 前からやってみたかった仕事に挑戦したい
  • こちらでの経験を生かしてキャリアアップしたい
  • この仕事をしているうちにこんなことにも興味が出てきたので

 

これらは信憑性を持ちやすく、かつポジティブな理由として良い例です。

 

円満に辞めたいと思うと色々悩むとは思います。

 

しかし、できるだけお互いに気持ちよく最後まで働けるよう、ネガティブな本音は最後まで隠すようにしてください。

転職サイト登録案内