あなたの上司が必要以上に退職を阻止する隠された本音とは?

退職したいという考えを上司に伝えると引き止められる、これはよくある事例です。

 

阻止する上司

 

中には必要以上に退職を阻止しようとする上司もいるのですが、そこにはどんな本音が隠れているのでしょうか。

 

上司から見た部下の退職について考えてみましょう。

 

仕事を増やしたくない

 

よくある理由の1つが、自分や他の人間の仕事をこれ以上増やしたくないというものです。

 

社員が1人退職すれば、次の人材を確保できるまで、他の社員でカバーしなければいけなくなります。

 

ただでさえ忙しいのに、ここであなたが辞めたら上司としてはさらに忙しくなり、それが嫌なので退職を考え直すよう説得してくるわけです。

 

要は自分が大変な思いをしたくないから退職してほしくないのです。

 

退職を考えている人にとっては非常に迷惑な話で、正直自分に関係ないと感じる人もいるでしょう。

 

ですが上司にとっては大きな問題で、なんとしても退職しないで済むよう話を進めようとします。

 

君がいなくなると寂しくなる、君には今の仕事が最適だ、など色々なことを言うかもしれませんが、本音では仕事を増やさないでくれと思っているのかもしれません。

 

上司が本当に自分のことを思って引き止めているのか、しっかり見極めることも退職するには必要でしょう。

 

これまでの投資が無駄になる

 

特に新卒社員がそうなのですが、最初からバリバリ仕事をこなせるわけではありません。

 

まずは上司や先輩社員が指導し、時間をかけて一人前の社員に育てていくわけです。

 

当然手間や時間がかかる作業ですし、新入社員であっても給料は支払いますからお金もかかります。

 

会社というのは社員に対して投資しているようなもので、退職されるとこれまでの投資がすべて無駄になってしまうと上司は考えがちです。

 

1人退職すればそれだけ戦力がダウンし、投資も無駄になり、改めて社員を育て直さないといけなくなります。

 

これを上司はとても嫌い、結果的に退職しないでほしいと思うわけです。

 

会社のことを考えて引き止めているわけですが、退職したいという社員のことを考えているわけではありません。

 

今退職されると会社が大変になるなどと言われると、こちらも後ろめたい気持ちが出てきますが、だからといって自分が我慢する必要はありません。

 

こちらも真剣に考えた結果、退職するという決断をしたのですから上司になんと言われても決意が固いなら退職を諦めるべきではないと思います。

 

自分の評価が下がってしまう

 

部下が退職した場合、会社によっては上司の管理能力が問われる場合もあるようです。

 

つまり、部下が退職したのは上司である君の責任だと会社から責められる形です。

 

上司も自分の評価が下げるのは避けたいところなので、退職しないで済むならそれがベストです。

 

そのためどうにか思いとどまってもらおうと、説得をしてくるケースが見られます。

 

まさに自分の都合で退職を阻止しようとするのです。

 

たしかに自分が退職することで上司が責められるとしたら、少し申し訳ない気持ちにもなるでしょう。

 

ですがそれで退職を諦めてしまっては意味がありません。

 

たとえ上司が責任を問われることになったとしても、退職を決断したならその意思を貫き通すべきだと思います。

 

逆に、上司に説得されて気持ちが揺らぐとしたら、それは自分でも退職に不安を感じているからかもしれません。

 

改めて退職について考えてみるのも1つの選択肢です。

 

退職の相談をした時に引き止めてくる上司は珍しくありません。

 

多くの上司は自分のことを思っているかのような言葉で説得してきますが、上記のような本音が隠されている場合もあります。

 

会社や上司の都合で退職せずに働き続けても辛い思いをするのは自分です。

 

絶対に退職して新しい職場で働きたい、そう考えているなら何を言われても退職するという気持ちをしっかり伝えましょう。

転職サイト登録案内