【季節】転職に向いている時期、向いていない時期とは?

転職するのに向いている時期や、向いてない時期というのはあるのでしょうか?

 

退社準備をする男性

 

転職と季節の関係について考えてみたいと思います。

 

もし時期によって影響があるなら、それを知ることで転職を有利に進められます。

 

転職に向いている時期

 

一般企業を対象にした場合、4月や5月、つまり春は転職に向いている時期だとされます。

 

4月や5月だと新卒の社員がたくさん入ってきた直後で、むしろ転職には向いていないと感じるかもしれませんが、実はそうではないのです。

 

たしかにこの時期は新卒社員も多く入ってくるため、求人の数そのものは減る傾向が見られます。

 

ただ、この時期にそれでも求人を出している企業はそれだけ人材を求めている証で、転職も上手くいきやすいわけです。

 

急な退職者が出てしまったケースや、即戦力を求めているケースなどさまざまですが、いずれにしても転職するには良い時期と考えていいでしょう。

 

もし今転職を考えていて、その時期を伺っているなら春は狙い目の季節と言えそうです。

 

せっかく転職するならスムーズに進んだ方が良いのは間違いないので、余裕があるなら季節についても考えてみるのがおすすめです。

 

転職に向いていない時期

 

逆に転職に向いてないと考えられるのが2月や3月、そして8月や9月の時期です。

 

2月や3月は4月の新年度に向けて人材を補充する時期で、8月や9月は下半期に向けて人材を補充する傾向が見られます。

 

その意味では求人は増えるのですが、それだけライバルが増えるということでもあります。

 

求人が増えても同じように転職を考えている人が多い時期のため、かえって転職しにくくなってしまうのです。

 

自分の能力に自信があるなら数多くある求人から、理想的な転職先を探せるメリットが生まれますが、なかなか転職先が見つからない状況になってしまうリスクもあります。

 

もしスムーズに転職を目指すなら、この時期はあえて避けるのも1つの考え方です。

 

もちろんこの時期は絶対に転職できないわけではないので、諦める必要はありません。

 

あくまでも他の時期に比べ、少し転職が難しくなる時期だと認識しましょう。

 

時期を気にしすぎるのも良くない

 

転職にはたしかに向いている時期とそうでない時期があるのですが、そればかり気にするのも良くないと考えます。

 

たとえば、秋頃に転職を考えるようになって、転職に向いている時期である春までひたすら待つのが良いか…というと、それも微妙なところです。

 

かなりの空白期間ができてしまうことになり、それが不利に働く可能性もあるからです。

 

最適な時期を狙って転職活動が自然にできるならそれがベストですが、時期を気にしすぎてチャンスを逃してしまうのも避けるべきです。

 

転職したいと感じたらそれが最適な時期と考えることもでき、もし転職を考えるならすばやく動くことも大切でしょう。

 

どんな時期でも理想の転職先が見つかる可能性はありますから、まずは動いてみることも必要だと思います。

 

思い立ったが吉日という言葉もあるように、即行動することで良い結果が生まれることもあると考えましょう。

 

あとは、普段から転職サイトに登録しておくなど、業界や職種のリサーチを行っておくことです。

 

転職活動を本格的に行う可能性が近い将来にあるのなら、まずは転職サイトに登録して準備をしておきましょう。

 

参考:転職サイトへの登録はこちら

 

時期に関してはたしかに影響も出ますが、そこばかり気にしていても上手くいきません。

 

時期に関係なく転職を決断したら、転職サイトや転職エージェントを利用するなど、具体的な活動を始めるのがおすすめです。

 

  • 転職に向いている時期…4月・5月
  • 転職に向いていない時期…2月・3月・8月・9月

 

これを参考にしながら、自分の適切なタイミングで転職活動を始めるようにしましょう。

 

そうすればスムーズに転職ができ、理想の職場でやりがいを感じながら働くことができるはずです。

転職サイト登録案内